『リーダー論(高橋みなみ)』より、心をつかむスピーチ術7箇条に学ぶ

生活・ライフスタイル

今日は高橋みなみ(AKB48)『リーダー論』を読んだ感想としまして、

本書から学んだ、【心をつかむスピーチ術 7箇条】を、紹介してみたいと思います。

 

高橋みなみさん、若干24歳という若さでありながら、思春期の女子ばかり、総勢300名を超えるグループを、AKBグループの総監督として、仕切っていく役割を任された彼女が、どのように考えて、コメントやスピーチを話していたのか、が本書では書かれていました。
特に、時々TVで放映される、AKB48のファン投票のランキングを決める、選抜総選挙のTV特番を見られた人の中には、

高橋みなみはスピーチがウマいなぁ、と思った人も多いのではないでしょうか?

テクニックが上手とかではなくて、努力している人が、聞いている人の心の中に訴えかけてくるような、そんなチカラがあるようにも思えます。

そして、そうだからこそ、彼女のコメントやスピーチには、人をひきつける力があるように思えます。

彼女自身もスピーチや、使う言葉に関しては、色々な名言集を読んだり、スピーチがウマいと言われている人物、例えば、オバマ大統領やスティーブジョブズのスピーチを研究したりして自分の引き出しを増やしていったそうです。

アイドルが、大統領や、大企業のCEOのスピーチを研究する、っていう発想がすごいですね。。。

 

そして、今回の書籍は、AKBの総監督が10年間の実体験をもとに語った

【超実践的リーダー論】として、オリコンランキング(新書・自己啓発書・タレント関連本部門)で三冠を達成したらしいです。

 

前振りが長くなりましたが、その中から今日は、【心をつかむスピーチ術・7箇条】をご紹介していきます。

では、さっそくご紹介します。

 

その1【太文字になる言葉をイメージする】

 

スピーチの中で一番気をつけている部分、だそうです。

なんでこのような意識をするようになったかというと、高橋みなみ自身が、

自分が出演していたバラエティ番組を、あとで自分でチェックした時に、

色々と、声を出して騒いでいるのに、自分の言葉が画面下にテロップで太文字にならない!!、っていうことに気づいてショックを受けたから、なのだそうです。

597716

要はつまり、自分がしゃべったコメントが、テロップで太文字になるような面白い言葉じゃないから(要はインパクトがないコメントが多い)、観ている人の記憶に残らないのではないか!、と、気づいたそうです。

そこから【テロップでm太文字になる言葉】を意識して、発信するようになったそうです。

 

 

その2【”声のトーン”で聞くテンションを作りだす】

 

自分が、どの声のトーンでしゃべると、どう相手に聞こえるのか?を意識してスピーチをしている、そうです。

普段しゃべっている会話の声よりも、
その普段の声よりも2音くらい、低い声に下げて、伝えているそうです。

そのほうがより真剣に相手に聞こえるからです。

これば、私たちでも普段から使えるテクニックですね!

低い声で話すと、真剣さが伝わりやすいと思います。

 

その3【事実を前提に客観的に話し始める】

 

「今回、○○が発表されました。」みたいなコメントを入れることで、

いきなり、【太文字になる言葉】を使って話し始めない。

いきなり、【太文字になる言葉】を使っても、聞いている側は、スピードについてこれずに、何?って感じで、きょとん、としてしまうもの、だからだそうです。

 

【今起きている事実】を、あえて、もう一度、客観的に話し始める(要は状況説明を前に差し入れるということでしょう)ことで、話す側と、聞いてくれる側の関心とを一致させていく効果があるのです、と。

これは、なるほど、と思いました。ペースを合わせていくということでしょう。

 

 その後の言葉を、しっかりと聞いている人に、聞き届けてもらうためにも、事前の地ならしをしてから話す、ということ、だそうです。

 

 

その4【感情ではなく、その感情を抱いた理由を言う】

 

「うれしい」とか「くやしい」といった、感情を直接表現する言葉を安易に連発するのではなく、今回、どうして、その感情に至った中身(なぜその感情を抱くに至ったかの内面の部分)を説明するようにすること、だそうです。

 

これは、感情は外から客観的に見れば分かる(泣いてるとか喜んでいるとかは見れば分かる)けれど、内面の心の中は目には見えないものなので。

人は、目には見えない部分が理解できると、好奇心をもって、相手に対して、共感もできるようになるから、だそうです。

 

背景をしゃべることで、より、深く伝わるということなのか、と、理解しました。

 

 

その5【聞き手を想像しながらしゃべる】

 

聞き手によって、使う(伝わりやすい)言葉を変えること、です。
コンサートの中で、色々なショッキングなサプライズが発表されたとき、メンバーの中にはタフな人もいますが、傷ついている人のほうが多いもの、と。

取りまとめていく立場のリーダーとしては、傷ついている人のほうを気遣って、ターゲットにした言葉を選んでいく、のだそうです。

 

内輪でしか分からない言葉は使わない、ということと、

周りの空気をよ~くよんで、ショックを受けている人を気遣うような、言葉を使うということでしょう。

 

その6【『・・・』の間を大事にする】

 

スピーチをして、話が先へ、先へ、と早く進み過ぎると、聞いている人がついてこれないことになってしまう、と。

これは、普段の会話でもよくあるでしょうね。

 

その場が盛り上がっていると、話している人間としては、気持ち良くもなりますから、一気に、勢いのまま一気に話を進めていきたいところを、

あえて、何も話さずに、『・・・』と間を作って、ためる、と。

 

無言で、時間を少しおいて、ためることで、

聞いている人は、『それで? 次は何なの?』と、食い気味になってくれるのです、と。

これは、テクニック的な部分かな、と思いました。

海に打ち寄せる波のように、寄せては引き、引いては寄せ~、みたいな。

押しと引きを上手に使うことなのかな、と理解しました。

 

 

その7【前向きな言葉で自分と聞き手の両方の気持ちを高める】

 

場面にもよりますが、スピーチの結末は、明るい未来に向かって進んでいく方向でまとめていく、と。

604163

 

私たちアイドルはプロデュースされる側の人間なので、用意してくれたサプライズに対して、『それは、やらない。』という選択はない、と。

どうせ『やる』なら、まとめる立場の人間が先陣を切って、前向きな言葉を言って、風に当たっていくしかないのです、と。
でも、スピーチ後の楽屋やスタッフルームではスタッフさんに対して、メンバーの言葉を代弁して伝えることは本気でぶつけていくのだそうです。

その姿をメンバーもみてくれているから、ついてきてくれるんです、と。

 

スピーチの最後は、前向きな言葉で締める、ということと理解しました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

大勢の前のスピーチだけでなく、普段からの日常会話や、人を使うコミュニケーションやビジネスにも、きっと役に立つと思いますので参考にして下さると嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました