姫路の初詣おすすめはココ!参拝者県内5位の神社のご利益は○○! 

イベント・地域情報

姫路で初詣行くならどこが有名なの?
姫路市民にこの質問をすると、十中八九『播磨国総社(はりまのくにそうしゃ)』 と答えが返ってきます。

 

姫路の総社は、参拝者数が県内5位の、歴史と由緒ある神社で、大河ドラマで有名になった黒田官兵衛ゆかりの地でもあります。

 

そして、実は縁結びの神様だったりします。
そこで今回の記事は、播磨国総社の基本情報から、ご利益は何?、参拝するにあたっての注意点などをまとめてみました。

播磨国総社の基本情報

名称:播磨国総社(はりまのくにそうしゃ) 射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)
住所:兵庫県姫路市総社本町190
アクセス:JR,山陽電鉄『姫路駅』より徒歩15分
駐車場:あり※年末年始は駐車場は閉鎖されるので利用不可。

 

 

地元では総社(そうしゃ)と呼ばれていますが、正式な神社名は『射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)』といいます。
総社は、兵庫県内の初詣の参拝者数ランキングでも、堂々の5位にランクインしています。

参考:兵庫県内の正月の参拝者数ランキング
1位:生田(いくた)神社・神戸市中央区・152万人
2位:湊川(みなとがわ)神社・神戸市中央区・90万人
3位:長田(ながた)神社・神戸市長田区・70万人
4位:西宮(にしのみや)神社・西宮市・50万人
5位:播磨国総社(はりまのくにそうしゃ)・姫路市・50万人
6位:清荒神清澄寺(きよしこうじん)・ 宝塚市・30万人

「えべっさん」や「福男」で有名な西宮神社とほぼ同じ参拝者数ですからかなりの規模ですね♪

 

 

ご利益は実は、勝利や幸福へと導く道開きと縁結び

 

総社は、
■射楯大神(いたてのおおかみ)
日本の国土を緑豊かな国にされた植樹の神様であり、勝利や幸福へ導く道開きの神様

■兵主大神(ひょうずのおおかみ)
縁結びの神様としても名高く、福の神として慕われています。農業・工業・商業のあらゆる産業から、医薬、酒造までを生み出して、人々の暮らしを豊かにされた国造りの神様

 

の二柱の御祭神を御本殿に奉斎し、古くから『二神一光』の御神徳を仰ぐ神社です。

 

勝利や幸福へ導く道開きの神様(射楯大神)と、縁結びの神様(兵主大神)を御祭りしています。総社は縁結びの神様、ということで、結婚式を挙げられる方も多いのです。
縁結び

播磨国総社に参る時の注意点は?

元旦は午前0時の太鼓の合図で長蛇の列に並んだ参拝者らが新年の幸福増進を祈願し、境内は御守やおみくじ、縁起物を受られる人々で賑わいます。

 

当然ですが元旦は大混雑しますので、元旦を避けて3日目くらいの参拝がよいかも

毎年50万人が訪問する神社なので元旦はかなり混雑しますから、元旦はあえて避けて、少し人が減った2日~3日の参拝でもよいかもしれません。

 

お正月は神社の駐車場は閉鎖されます

総社は駐車場がありますが、お正月は神社の駐車場は閉鎖されます。周辺の駐車場もいくつかありますが、駐車待ちで長時間待つ可能性が高いので、自動車で行く人は姫路駅前のコインパーキング(多数あり)が無難でしょう。
姫路駅前は多数のコインパーキングがあるので、不自由はしないと思います。

 

姫路駅からは、総社まで歩いて15分程度です

ちなみに姫路駅から総社までは、半分以上はアーケードで屋根があるので、雨が降ってもほぼぬれずに行ける環境なので、安心ですよ。

 

 

まとめ&あとがき

いかがでしたか?
参拝後、ついでにリニューアルの姫路城(2015年)に寄ってもよいでしょう。
大人1,000円の入場料が、元旦は入場料無料になっています。
元気があれば、姫路城天守にある長壁神社(おさかべ神社)まで参拝してみては?

 

ちなみに、初詣の帰りは、駅前でランチやショッピングをするのもおススメ♪。
姫路駅前は再整備されていて広場ができていたり、定番のプリエや、ピオレやグランフェスタといった新しい商業施設がオープンしています。
歩き疲れた後は、ピオレのカフェで姫路城を見ながらお茶したり、駅前は飲食店は多数あるので、そちらを楽しんでもいいですしね♪

姫路城

 

初詣には、その年の
「これから始まる一年間が良い年でありますように」という祈りがこめられていると思います。

 

大切な人といっしょに、素敵な新年を迎えられますように。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました