夢をかなえるゾウの名言を読み解く 29の課題

生活・ライフスタイル

【夢をかなえるゾウ】という自己啓発の書籍をご存知ですか?

同じタイトルで、小栗旬さん、水川あさみさんが、出演したテレビドラマ【男の成功編・女の幸せ編】にもなったので、見られた方も、多いのではないでしょうか?

 

【夢をかなえるゾウ(水野敬也氏:著 飛鳥新社)】のあらすじ】img_0887

冴えないサラリーマンである主人公が、『人生を変えたい!!』と決意し、ガネーシャ(インドにいるゾウの神様※神様なのにスイーツが好きだったり、関西弁を話したり、と笑える設定になっている)と過ごしながら、教えを受け、すったもんだしながらも、ガネーシャから毎日出された課題に向き合い、成長、成功していくストーリーです。

 


 

私は、以前勤めていた会社の先輩からこの本を紹介してもらいました。

その先輩は保険会社で勤務しているのですが、お客さんが入院したときには、必ずこの【夢をかなえるゾウ】をお見舞いとして持っていくのだそうです。

人生の成功哲学を学びながら笑えるエンターテインメントの本、としてもよい、って話していました。

それもそのはず。

なぜならば、

この【夢をかなえるゾウ】は、著者(水野氏)の膨大な研究をもとにかかれており、参考文献としても、40冊以上の世界の名だたる成功本【PFドラッカー、ナポレオンヒル、カーネギーなど多数】が並んでいるからです。

なのでその教えと知恵は、私たちの人生にすぐに、活かせるものが多いのです。

たから、ベストセラーになり、テレビドラマにもなったのでしょうね!

ぜひ、一度読まれてみることをおススメするのですが、ゆっくり読書する時間がない!という忙しい人のために、【夢をかなえるゾウ】の中で、ガネーシャが主人公に教えた【29の課題のすべて】について、理由や考えを私なりに解説し、まとめてみたいと思います。

 

  それでは、早速ガネーシャ29の課題を紹介します!

 

 

インプットよりも、アウトプット!
人生好転のカギは、新しい習慣を手に入れること、です

 

 

 

①靴をみがく!

私たちが普段、何気に使っている【靴】は、ご自身が会社に行く時も、営業で外回りする時も、遊んでいる時も、ずーっと自身のことを支え続けてくれています。 今回は、【靴】が対象でしたが、スーツでもカバンでも、パソコンでも、大切な家族でも、マンションの管理人さんでも、すべてが同じです。 そういった【自分を支えてくれている身近な存在】に感謝したり、大切にできない人が成功なんてできない、ということをいっています。

 

 

②コンビニでお釣りを募金する!

成功者は、【世の中に貢献したい。世の中をもっと良くしたい】、と心の底から考えているものです。 そして、収入が少ないうちから、寄付や募金をしているといるのです。 だからその分、大きいお金が流れ込んでくるのです。 お金だけでなく、人から愛されたり、幸せで満たされたり、多くの豊かさが流れ込んでくるものです。

 

 

③食事を腹八分におさえる!

【食事】というテーマを例に説明されていますが、自分で自分自身をコントロールする大切さを説いています。 お腹いっぱい満腹状態になるのではなくて、腹八分目で必ず抑えるようにしてみること。 そうやって、自分で自分自身をコントロールできるようになると、ご自身のセルフイメージが大きく改善します。 要は、【自分はできる!】という成功イメージが後から勝手についてきます。 自己コントロールを楽しんでできるようになれば、生活も変わってくるのですよ。

 

 

④人が欲しがっているものを先取りする!

相手が何を欲しがっているのか、を把握する能力はビジネスにおいて必須です。 そして、ビジネスが得意な人というのは、人の欲求を満たすことが得意な人、ともいえます。 人にはどんな欲求があって、何を望んでいるかを見抜くのが得意なのです。 したがって、世の中の人たちが何を求めているかを早くにキャッチし、事業にできる人は、当然のことながら事業を始めてもうまくいきます。 サラリーマンであっても、上司の欲が分かる人というも、出世するスピードも早いのです。

 

 

⑤会った人を笑わせる!

【笑い】には、場の空気を明るくしたり、その空気を変えるだけの力があります。 つまり、【笑わせる】ということは、【場のいい空気を作る】ということです。 いい空気の中で仕事をすれば、よいアイデアも生まれてきたり、やる気も出てくるもの。 人に対しても、優しくなれますし、自身のよい面が引き出されます。 それくらい【場の空気】というのは大事であるし、笑いが大切だということなのです。

 

 

⑥トイレ掃除をする!

【トイレの女神さま】という歌が流行しましたね。 【成功者はトイレを必ずキレイにしている】とはあちこちで聞くと思います。 ガネーシャの説く【トイレ掃除をする】、ということは、一番汚いところを掃除する、ということをいっています。 人がしたがらない行為だからこそ、実はそれが一番喜ばれることでもあるということ。 人に頼みたい、と思われることだからこそ、そこに価値が生まれる、と説いています。

 

 

⑦まっすぐ帰宅する!

サラリーマンであれば、会社が終わったあとの自由な時間というのは、ご自身がこれから成功していくための【自由に使える一番大切な時間】になります。 会社が終わってから遊んで帰ろう、ではなく、タイムマネジメントの大切さを説いています。

 

 

⑧その日がんばれた自分を褒める!

これは、ご自身のセルフイメージを高めるために大いに役に立つ作業になります。 ガネーシャも、毎日、寝る前に、自分がその日がんばれたことを思い出して、【(ご自身に対して)よくやった!】って、自分を褒めてあげて下さい、と言っています。 特段、新しいことでなくてもいいのです。 行動したり成長することは楽しいことなんだ、って自分に毎日教え続けていくことなのです。

 

 

⑨一日何かをやめてみる!

【行動をすることの逆】をいっています。 行動や空間の断捨離のことですね。 新しい何かを取り入れようとしても、【時間や物が】パンパンに入っていると、入ってくるものも入ってきません。 積極的に手放すことで、空いた場所には必ず、新しい何かが入ってきます。それは勝手に入ってくるものです。 たとえば、ご自身の周りで仕事を辞めた人であっても、普通に別の仕事をして、生活しているのと同じことです。 それは会社を辞めたことで空いた器に何か新しい仕事が入ってきているからなのです。

 

 

⑩決めたことを続けるための環境を作る!

【変わろう】と思って意識を変えようとしても、最初の数日は意識できるものですが、すぐに3日坊主で終了してしまうもの。。 本気で変わろうと思うならば、意識を変えようとするのではなく、【具体的な何か=行動】を、変えなければなりません。 気合で変えようとするのではなく、自然と、継続していくための仕組みをつくりましょう。

 

 

⑪毎朝、全身鏡をみて身なりを整える!

外見を整えることで、意識や内面を整えていくことです。

 

 

 

⑫自分が一番得意なことを人に聞く!

身近な人とペアになって、相手の【得意なこと、や才能に感じていること】を教えあうのもコツですよ。 自分の仕事が価値を生んでいるかどうかを決めるのはお客さんです。 つまり、自分以外の誰かがその価値を評価する、ということなのです。 人は誰しも、自分自身のことってあまり分かっていないのです。 周りの人に客観的にみてもらい、アドバイスをもらいましょう。

 

 

 

⑬自分の苦手なことを人に聞く!

この世界は、プラスとマイナス、光と影、陰と陽、ポジティブとネガティブが存在しているように、長所と短所というものも、自身の持っている性質の表と裏ということになります。 自分では苦手や弱点だと思っていることも、実はプラスに捉えることもできるのです。

 

 

⑭夢を楽しく想像する!

【夢】を心の中で空想してみましょう。 妄想でも充分OKです。 【こんな風になったらいいな~】とか、日々、勝手に想像してワクワクしてしまいましょう。

 

 

⑮【運がよい】と口に出して言う!

日本一の納税家として知られる、「斎藤ひとりさん」も、同じようなことを話していました。 口癖のように、【ついてる】とか、【自分は運がいい】とかを、シャドウボクシングのように唱えるのです。 念仏のように、ブツブツと。。 そしてそれを、自分にとって、嬉しくない事が起きたときでも、【運がいい】というのです。  口に出して【運がいい】というくらいの勢いでもいいです。 言葉は、【言霊】と言われるように、言葉自体に力があります。 そのとき心の中で、【ぼそっ】と、【違うだろ!?】とかツッコミが入っても、口に出していうのです。 すると、脳が勝手に運がいいことを探し始めるのです。 【認知的不協和】と、脳科学の分野で呼ばれていますが、言葉と、思考がずれていると、人の脳は気持ちが悪いので、行動(つまりここでは、【運がいい】といっていること)に合わせられてくるのです。

 

 

 

⑯ただでもらう!

どんなに小さいことでも安いものでも、とりあえずなんでもいいから、ただでもらってみて下さい。

それを意識していたら自分のコミュニケーションが変わってきます。

言い方とか、仕草一つとっても気を遣うようになるものです。

 

 

⑰明日の準備をする!

一流の人間は、どんな状況でも常に結果を出すから一流なのです。

常に結果を出すためには、普通に考えられているよりも、ずっと綿密が準備がいるのです。

 

 

⑱身近にいる一番大事な人を喜ばせる!

人間というのは、自分にとってどうでもいい人(たとえば近所のスーパーの店員さんとか)に対しては気を遣いますよね。

それはそれで素晴らしいことなのですが、たとえば、自分にとって、一番大切な身近にいてくれる人・・・たとえば、家族や、自分のことを好きでいてくれる人に、偉そうに接したり、電話も折り返ししなかったり、ってぞんざいに扱ってしまっていませんか?

些細なことでいいので、身近にいるあなたの大切な人を、喜ばせてみましょう!

 

 

⑲誰か一人のいいところを見つけて褒める!

成功したいならば、絶対に誰かの助けをもらわないと無理なのです。 そのことを分かっていたら、人のいいところを見つけて褒めるなんていうのは、大事とかそういうレベルを通り越して、呼吸です。 呼吸レベルでするのです。 二酸化炭素を吐くのと同じくらいナチュラルに褒め言葉を言うのです。

 

 

⑳人の長所を盗む!

真似をするのは、お客さんを喜ばせるためです。 【人を喜ばせる】という目的に照準があってきたら、人の真似をすることに恥かしさなんか感じないのです。 ただ、好き勝手に真似していいということではないですよ。 たとえば同業者のやっていることを真似させてもらうんだったら、それなりに筋を通さないといけないこともあるでしょう。 しかし、早く成長して、早く技術を覚えて、もっと多くの人をもっと喜ばせたいという思い、それが何より大切なのです。

 

 

㉑求人情報誌を見る!

自分が【これだ!】と思える仕事を見つけるまで、もう他のものをかなぐり捨ててでも、探し続けなければならないのです。 収入が不安定とか、恋人や親が反対するからとか、そんな悠長なことを言っている場合ではないのです。 仕事を間違えたら、それこそ一生を棒に振ることになるのです。

 

 

㉒お参りに行く!

成功したいと心から思っている人は何でもやってみることです。 少しでも可能性があることならば、何でも実行してみることです。 【バカバカしい】とか、【意味がない】とかいって、やらずじまいな人たちは、結局そこまでして成功したくないということなのです。

 

 

㉓人気店に入り、人気の理由を観察する!

お店というのは、【美味しいなぁ】とか、【気持ちいいなぁ】って思う場所であるのと同時に、優れたサービスを学ぶ場でもあります。

飲食店でもサービス業でも、お客さんとして体験する時に、そのお店(会社)がどんなことをしてお客さんを喜ばせようとしているか観察してみましょう。

 

 

㉔プレゼントして驚かせる!

お客さんが一番喜ぶのは、【期待以上だった時】なのです。

お客さんというのは、【だいたいこれくらいのことをしてくれるのだろう】と、無意識のうちに予想しているものです。

そしてその予想を超えていくのです。

いい意味で裏切るのです。サプライズするのです。

そうしたらそのお客さんは喜んでまた来てくれるのです。

 

 

㉕やらずに後悔していることを今日から始める!

人生誰しも、やりたいことをやって、後悔しないような人生を送った方が幸せになれる、とみな知っています。

しかし、しないのです。 どうしてか? それは収入、世間体、不安を感じているから。 人を縛っている鎖なんてみな同じなのです。

 

 

㉖サービスとして夢を語る!

たくさんの人が聞きたい夢というのは、世の中がそれを実現することを望んでいるということ。

そうならばその夢をかなえるのは簡単です。

なぜならその夢はみんなが応援してくれる夢なのですから。成功をサポートする。

自分が本当に成功したかったら、一番の近道は、自分が人の成功をサポートすることです。

 

 

㉘応募する!

なかなか自分の才能は見出せないかもしれません。

しかし、 それでも可能性を感じるところにどんどん応募した方がいいのです。

そこでもし、才能が認められたら、人生が変わるなんてアッという間!

 

 

㉙毎日、感謝する!

自分の中に足りないと感じていることがあって、そこを何かで埋めようとするのではなくて、自分は充分に満たされている、自分は幸せだから、他人の中に足りないものを見つけてそこに愛を注ぐのです。

この状態になれてこそ、自分が欲しいと思っていたお金や名声、それらのすべてが自然な形で手に入るのです。

なぜなら、自分たちはお金も名声も地位も名誉も、すべて自分で手に入れると思っているかもしれませんが、むしろ逆です。

お金は他人が自分にくれるものであり、名声は他人が自分を認めたからくれるものです。

すべて他人が自分に与えてくれるものなのです。

 

 

以上 29項目、いかがでしたか?

 

 

課題の中には、『こんなことをして、何か意味があるんだろうか??』と思うようなものもあったかもしれませんね。

 

しかし、これらの課題はガネーシャが本の中で話しているように、過去に大きな成果を残した偉人たちが実行してきた課題でもあります。

 

 

時々見返していただいて、人生好転の きっかけになれば嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました